採用情報

中途採用 インタビュー

課題と挑戦の連続。それが楽しくって仕方がないんです。

今までの価値観を捨てて、
1から作りなおすことにしたんです。

初めて四幸舎和会に見学にきたとき、「ああ、ぼくの知らない世界がここにはあるな」と感じました。

ぼくは中途採用で、ここが二つ目の施設になります。
以前の施設は「毎日楽しければOK!」というスタンスだったんですよね。もちろん間違ってはいないんですけど、ぼくの思う“支援”とは、なんとなくギャップが出てきてしまって。他の施設も見てみようと思って、ここに話を聞きにきたんです。

前の施設との一番大きな違いは、専門的な知識を持って取り組む、というところだと思います。そう聞くと難しそうなイメージなんですけど、そんなこともなくて。
単純に、利用者の方とコミュニケーションを取ることひとつにしても、知識って必要なんですよね。
“どうしてこの行動を取ったのか”、それひとつ考えるのにも知識がいるよねって。
面接で大嶋さんとお話する中で、そういった話になって、「ここでやってみたい」って思ったんです。

今までとまったく違うスタンスで、自分の価値観をドカン!と崩す価値があるなと思って、この施設に来ることを決めました。


支援のゴールは“自立”、
でも自立の在り方もそこまでの道のりも
人それぞれなんです。

実際に四幸舎和会で働くようになって、今は僕の思う“本当の支援”が、少し見えてきたかなと思ってます。

ぼくたちの仕事って、障がい者の方の“その人に合った自立”を支援することが目的だとぼくは思っているんです。だから、「毎日楽しいことをしていればOK!」ではないはずなんです。そこがクリアになると、自然とやるべきことが見えてきたというか・・・。

たとえば、発達障がいの方は、時間の概念が僕らとは違うことがあります。だから、ものごとの始まりはわかっても、終わりが解りずらかったりするんです。「テレビをみせてたら大人しいし、危険もないから」と言って、一日中テレビの前に座っているとしますよね。でもそれは、終わり方がわからないから、それをするしかないだけなんです。それってすごく、人としてつらいですよね。だから、一日の流れにメリハリや区切りをつけ、見通しを持ちやすくして、生活を豊かにしていくことが、ぼくら支援者側に求められていることなのかなって思います。

仕事が終わったら、お茶を飲む。お茶を飲んだら散歩に行く。散歩が終わったらお風呂に入る。毎日繰り返して、習慣をつくると、利用者の方たちが積極的に行動するところがだんだんと見えてくるんです。
利用者の方のそれぞれに合った自立、ということを目的にすると、僕らがやるべきことって本当にたくさんあるんですよね。10人いれば10コの個性があって、自立の在り方も道筋もペースも全くちがいます。それを全部理解するのは難しいですけど、それをぼくらはやるべきなんです。


常にチャレンジし続けていきたい。今の支援が楽しくて仕方ないから。

この業界は、常に課題と挑戦の繰り返しです。利用者の方と接していて、今日はうまくいかなかったな、
利用者さんと接していて、今日はうまくいかなかったな、じゃあ明日はこうしてみようかなって考えて。
毎日試行錯誤して。
それでも彼らは、ときに予想もしていない行動をすることがあるんですよね。「あー!そうきたかー!」って。「じゃあ明日はそれを上回ってやるぞ!」って、それがこの仕事の面白いところであり、やりがいなんです。


利用者の方にとって、どうすることが一番正しいのか。それを考えるのをやめてしまえば、支援は止まってしまいます。
利用者の方の行動の裏にある想いを見るには、やっぱり専門知識がとても大切だと思うんです。だから、本を読んだり、先輩の背中を見て、毎日勉強させていただいています。

この仕事は、知れば知るほど楽しくなるんですよ。挑戦しつづけるためには体力も必要だけど、それに勝る面白さをバネに、これからもチャレンジしつづけたいと思っています。

ぼくが嬉しかったこと、経験したことを、
これから入ってくる後輩たちに伝えていきたい

僕は今、新人の教育係をさせてもらっています。
業務を教えることはもちろん、それ以外のところもしっかりサポートしていこうと思ってます。

ぼく自身四幸舎和会にきて上司によく見てもらってるなって感じるので。「よく勉強してるね」「視点がかわったね」って、そう言ってもらえると、やっぱりがんばれますよね。

成長したい人、理解しようとしている人、向上心を持っている人をとことんサポートしてくれるところが、、四幸舎和会の一番の魅力かなって思います。だからぼくも、これから入ってくる後輩たちと、ちゃんと向き合っていきたいです。

この業界の楽しさ、やりがいを、ぼく自身も楽しみながら、伝えていきたいなって思います。


スタッフインタビュー

  •  四幸舎和会で働く魅力
  • とにかくやってみたい! 新卒1年目
  • 支援のゴールは「自立」中途採用 稲田
  • 自分自身も磨きをかけて 管理職 濱